花巻とその周辺を訪ねます

花巻とその周辺の美味しいもの、観光スポット、花巻温泉郷等の情報を発信します。

新花巻温泉柘榴園華陀の湯に入る


スポンサードリンク

f:id:butakko1105:20160703174619j:plain

f:id:butakko1105:20160703174630j:plain

f:id:butakko1105:20160703174640j:plain

f:id:butakko1105:20160703174649j:plain

f:id:butakko1105:20160703174659j:plain

f:id:butakko1105:20160703174713j:plain

f:id:butakko1105:20160703174726j:plain

f:id:butakko1105:20160703174734j:plain

f:id:butakko1105:20160703174759j:plain

花巻市の北にかつて新湯本温泉湧勢閣という、スベスベのお湯が売りの温泉宿泊地がありました。

私も日帰り入浴や会社の忘年会等で利用させていただいておりました。

その湧勢閣もいつの間にか?営業をやめ、しばらくが経過、お湯もいいのでこのままなのかと大変残念に思っていました。

しかしながらなんと嬉しいことに今年2016年5月に新たにオープン、本日久しぶりに日帰り入浴に出かけました。

名前は新花巻温泉柘榴園華陀の湯(ざくろえんかだのゆ)。名前は固めですが、お湯は柔らかいのか?

湧勢閣の時は少し料金の異なる二つの入浴施設があったのですが、今のところ一つに絞っているようです。パンフレットを見ると柘榴園晃葉の湯(こうようのゆ)が誕生と載っていました。

フロントでは接客の良い年配の男性が案内、お風呂近くまで案内してくれました。内湯と露天風呂の存在は以前と変わらず。内湯から露天へは直接行けなくなりましたので頻繁に行き来する人はやや不便でしょうか。以前内風呂にあった泡風呂(ジャグジー)は無くなりましたが、こちらは特に問題なし。

スベスベ感がやや減ったようで、昔石鹸泡がいつまでも落ちないと勘違いするよりはいいかも。内湯は熱め、露天はぬるめ、私は主に露天でくつろぎました。まだまだ現在進行中らしく、子供風呂準備中の文字と建設中らしい造りが。露天に自分のシャンプーセットも持参する方もいらっしゃいますが、洗身洗髪は内風呂で行ったほうがいいかも。

無料の休憩所、食事処も注文したいと思わせるメニューが揃っています。

お湯たっぷり感と上がった後のぽかぽか感(汗びっしょり)強く、満足感は高くまた来たいお風呂の一つです。