読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花巻とその周辺を訪ねます

花巻とその周辺の美味しいもの、観光スポット、花巻温泉郷等の情報を発信します。

悠の湯 風の季に宿泊する一日目

温泉

スポンサードリンク

花巻の温泉郷の一角、花巻南温泉峡

西から新鉛温泉鉛温泉、山の神温泉、大沢温泉、渡り温泉、志戸平温泉そして今回泊まった松倉温泉と続いています。

松倉温泉は以前水松園という名前で運営していましたが、4年ほど前に経営が変わり、名前も「悠の湯 風の季(はるかのゆかぜのとき)」になりました。

先日利用した日帰り入浴がとてもいい印象だったので、今回の宿泊利用となりました。

さすがに土曜日は満室でしたが、日曜日は空き室がありました。

f:id:butakko1105:20161026070557j:plain

f:id:butakko1105:20161026070558j:plain当日は天気も良く穏やかな宿泊日和?でした。

f:id:butakko1105:20161026070916j:plain15時のチェックインに少し早く、14時40分頃到着。フロントの方も親切で程なく部屋に案内していただきました。

その間施設内の利用できるお風呂、居酒屋、お休み処等を説明していただきました。

f:id:butakko1105:20161026071534j:plain下は無料でコンニャクを食することができるお休み処。

f:id:butakko1105:20161026071545j:plain10畳の部屋はゆったり感で2人で泊まるにはもったいないほど。宿泊階は最上段の3階。大型というより中型の宿泊施設できめ細かさが売りのようです。同階には老人会や歳祝いのお客様で満室に近いようでした。

f:id:butakko1105:20161026071805j:plain

f:id:butakko1105:20161026071814j:plain

f:id:butakko1105:20161026071826j:plain紅葉にはまだ早いですが、なかなか眺めです。時々虫が入り込むのでガムテームで捕まえてくださいと…。早速カメムシが出現、部屋を所狭しと飛び回るのでフロントに連絡、慣れた手つきで取ってもらいました。

f:id:butakko1105:20161026072713j:plain部屋備え付けのお菓子「花豆」。甘納豆ですね?なかなかの美味さです。

その後入浴となりました。日帰りでも利用しましたが、内湯、半露天、露天の3つに分かれています。

当日は岩手国体の選手、歳祝い等のお客様でいっぱい!写真撮りはあきらめ、次の日の朝入浴時に撮りたいと思います。

f:id:butakko1105:20161027072424j:plain

f:id:butakko1105:20161027071058j:plainさてさてお楽しみの夕食です。会場にてバイキングでななくお品書きのある夕食。総料理長の腕の見せどころです。

f:id:butakko1105:20161027071354j:plain上は花巻ブランド豚 白金豚。鍋でシャブシャブ風にいただきます。そして焼き物 秋鮭露焼き。いいお味です。

f:id:butakko1105:20161027071602j:plain

f:id:butakko1105:20161027071652j:plain

f:id:butakko1105:20161027071703j:plainそして季節の天ぷらと田舎そば。花巻は「嘉司屋」、「やぶ屋」、「大畠家」と蕎麦の美味しいお店、わんこそばも有名なそば処です。

f:id:butakko1105:20161027072005j:plain

f:id:butakko1105:20161027072016j:plainそして旬のデザートと松茸ごはん、赤だし。本日の献立では松茸ごはんが一番。全ての美味しさが染み込んだご飯でした。