読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花巻とその周辺を訪ねます

花巻とその周辺の美味しいもの、観光スポット、花巻温泉郷等の情報を発信します。

やぶ屋でカツ丼とカレー南蛮を楽しみました。


スポンサードリンク

花巻には蕎麦の美味いお店が揃っています。

大畠家、嘉司屋、やぶ屋など。

その中でも宮沢賢治さんが「BUSH」と呼んで、頻繁に通っていた吹張町の「やぶ屋」さんを久しぶりに訪れました。

f:id:butakko1105:20170319171933j:plain

来店すると、俳優の笹野高史さんに良く似たお店の方から、テーブルかお座敷の選択が可能であることを伝えられ、お座敷を選択しました。親切で愛想の良い接客に好感を持ちました。

f:id:butakko1105:20170319172521j:plain

平日でも結構混んでいますね。

f:id:butakko1105:20170319172627j:plain

おしながきから「カレー南蛮」650円と「カツ丼」700円に決めて、待つこと10分ほどでしょうか。まずカレー南蛮登場。

f:id:butakko1105:20170319173023j:plain

かみさんが食べたかったらしい「カレー南蛮」。鶏肉と長ネギの香りと噛みごたえ、カレーそのものの美味しさ、10割蕎麦にカレー味が絡み、抜群の旨さです。

f:id:butakko1105:20170319173656j:plain

2分ほどしてから、私が頼んだ「カツ丼」(上カツ丼もありますが、これは普通です)が登場です。花巻名産「白金豚」を使用、柔らかな肉、肉の油の甘さ、玉子との絡み、本当にやぶ屋さんのカツ丼は最高です。声を大にして、お勧めいたします。

f:id:butakko1105:20170319174114j:plain

おしながきには無かったのですが、壁に貼っていた「おしるこ」の文字に惹かれ、満腹にもかかわらず頼んでしまいました。甘さ控えめで上品なおしるこに大満足です。

賢治さんが呼んだ「BUSH」とはサイダーとお蕎麦のセットメニューだと思っていましたが、やぶ屋さんそのもののことだったらしいです。女性の従業員の方に教えていただきました。

美味しさと接遇の良さに大満足のやぶ屋さんでした。