花巻とその周辺を訪ねます

花巻とその周辺の美味しいもの、観光スポット、花巻温泉郷等の情報を発信します。

渡り温泉別邸楓で深緑の景色を楽しむ


スポンサードリンク

私はベイスターズのファンではありますが、読売新聞を愛読しております。それほど巨人に関する記事が多くなく、スポーツ面の充実を感じています。他の新聞よりも構成がいいし、読みやすい文字の大きさと書体であるとも感じています。

さて、年に1回の定期購読契約更新時、タオルなどのいわゆる謝礼的な品物が付きます。

今回は以前も利用させていただいた、渡り温泉さつきの食事付き日帰り入浴券を選択しました。600円の入浴料と600円ほどのラーメンのセットが2名分でおそらく2,400円相当ではないでしょうか。

f:id:butakko1105:20170901210802j:plain

渡り温泉は「ホテルさつき」「別邸楓」という2つの施設があり、日帰り入浴ができるのは、ホテルさつきのみです。

f:id:butakko1105:20170903055527j:plain

f:id:butakko1105:20170903055518j:plainホテルさつきの正面に、「本日点検のため日帰り入浴は別邸楓にて承ります」の掲示が。

ホテルさつきの駐車場に車を停めたまま、150mほど歩いて楓に到着。

f:id:butakko1105:20170903060217j:plain

f:id:butakko1105:20170903060227j:plain別邸楓は以前、会社の忘年会で利用させていただいたことがありますが、20年前のことなので、今回の利用は新鮮感があります。

f:id:butakko1105:20170903060906j:plain

f:id:butakko1105:20170903060914j:plain外観よりもラウンジや通路、お土産品など施設内が充実している印象です。

f:id:butakko1105:20170903061200j:plain

f:id:butakko1105:20170903061209j:plain

f:id:butakko1105:20170903061217j:plain

f:id:butakko1105:20170903061148j:plain脱衣所、洗面所は狭くもなく、大浴場的な大きさでもなく、ちょうど良い少数精鋭的な大きさと質感です。

f:id:butakko1105:20170903061729j:plain

f:id:butakko1105:20170903061737j:plain

f:id:butakko1105:20170903061823j:plain露天風呂からの穏やかな緑の景色、癒やされます。木の葉と木で作られた屋根が程よい木漏れ日を感じさせてくれます。

f:id:butakko1105:20170903062627j:plain

f:id:butakko1105:20170903062619j:plain露天風呂の中に、更に青森ヒバで作られた露天風呂が。入った瞬間、お湯が外の湯船に気持ちよくあふれます。いつまでも入っていたいお風呂です。

f:id:butakko1105:20170903063055j:plain

f:id:butakko1105:20170903063102j:plain内風呂も清潔感とあふれるお湯で満足感が高いです。最も熱いのが内風呂、次が露天風呂、最もぬるめが青森ヒバ風呂で、ぬるいお湯が好きな私は青森ヒバ風呂に長くつかってしまいました。

f:id:butakko1105:20170903063750j:plain

f:id:butakko1105:20170903063758j:plain

f:id:butakko1105:20170903063734j:plain

f:id:butakko1105:20170903063742j:plain入浴後の食事は、麺でございます。本日の最高気温は24℃ほど。迷いましたが、(熱い)味噌ラーメンと(冷たい)中華ざるをお願いしました。味噌ラーメンの器、いいですね。美味しいラーメンを更に美味しくしてくれています。

f:id:butakko1105:20170903064822j:plainホテルさつきと別邸楓は連絡通路があり、宿泊客はどちらのお風呂も楽しめます。

通常日帰り入浴を行っていない別邸楓で、お風呂を楽しめたのは、ラッキーでした。

景色の良い、癒やしのお風呂は満足感が高いです。

花巻南温泉峡の露天風呂は、愛隣館や大沢温泉、優香苑、風の季、志戸平など選択肢が豊富。日帰り入浴可能な温泉がほとんどなので、楽しみも増します。