読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花巻とその周辺を訪ねます

花巻とその周辺の美味しいもの、観光スポット、花巻温泉郷等の情報を発信します。

再開から1ヶ月、マルカン大食堂、にぎわっています。

スポット 食事

f:id:butakko1105:20170322202736j:plain2016年6月惜しまれつつ、幕を閉じたマルカン大食堂。花巻市民と有志の熱意により、2017年3月20日再開。

その1ヶ月後を追いました。

2017年3月21日、3連休も終わり、しかも雨とあって、お客様の入りははたして?

f:id:butakko1105:20170322203251j:plain

f:id:butakko1105:20170322203320j:plain時刻は13時30分、満車、満車、満車で、さらには道路に車が列をなしています。

食堂は6階ですが、エレベーターは直行となっています。

f:id:butakko1105:20170322203706j:plain

f:id:butakko1105:20170322203749j:plainいやいや、長蛇の列です。食につくのに何時間かかるのでしょうか。人をさばく方も大変です。

f:id:butakko1105:20170322204013j:plain

f:id:butakko1105:20170322204009j:plain

f:id:butakko1105:20170322203951j:plain値段も味も以前と変わらず、リーズナブルで美味しいようです(まだ食べていないので感想は書けませんが)。人気のナポリカツは毎日早めに終了するようです。

f:id:butakko1105:20170322204350j:plain

f:id:butakko1105:20170322204501j:plain

f:id:butakko1105:20170322204400j:plain変わらぬにぎわい、箸を使って食べるソフトクリームも健在、6階からの爽快な眺めもうれしいですね(子供の頃は車が豆粒のように見えていたかも)。笑顔を作るのがあまり上手ではない花巻市民、岩手県民もうれしそうです。

f:id:butakko1105:20170322205205j:plain

f:id:butakko1105:20170322205208j:plain6階から階段で降りると「マルカンありがとう」の文字。そして思い出のマルカン。皆の願いが届き、復活。ほんとうにおめでとうございます。

f:id:butakko1105:20170322205410j:plain

f:id:butakko1105:20170322205414j:plain

f:id:butakko1105:20170322205418j:plain1階もコーヒーショップなど、素敵な場所として生まれ変わりました。これからもマルカンは不滅でしょう。

やぶ屋でカツ丼とカレー南蛮を楽しみました。

食事

花巻には蕎麦の美味いお店が揃っています。

大畠家、嘉司屋、やぶ屋など。

その中でも宮沢賢治さんが「BUSH」と呼んで、頻繁に通っていた吹張町の「やぶ屋」さんを久しぶりに訪れました。

f:id:butakko1105:20170319171933j:plain

来店すると、俳優の笹野高史さんに良く似たお店の方から、テーブルかお座敷の選択が可能であることを伝えられ、お座敷を選択しました。親切で愛想の良い接客に好感を持ちました。

f:id:butakko1105:20170319172521j:plain

平日でも結構混んでいますね。

f:id:butakko1105:20170319172627j:plain

おしながきから「カレー南蛮」650円と「カツ丼」700円に決めて、待つこと10分ほどでしょうか。まずカレー南蛮登場。

f:id:butakko1105:20170319173023j:plain

かみさんが食べたかったらしい「カレー南蛮」。鶏肉と長ネギの香りと噛みごたえ、カレーそのものの美味しさ、10割蕎麦にカレー味が絡み、抜群の旨さです。

f:id:butakko1105:20170319173656j:plain

2分ほどしてから、私が頼んだ「カツ丼」(上カツ丼もありますが、これは普通です)が登場です。花巻名産「白金豚」を使用、柔らかな肉、肉の油の甘さ、玉子との絡み、本当にやぶ屋さんのカツ丼は最高です。声を大にして、お勧めいたします。

f:id:butakko1105:20170319174114j:plain

おしながきには無かったのですが、壁に貼っていた「おしるこ」の文字に惹かれ、満腹にもかかわらず頼んでしまいました。甘さ控えめで上品なおしるこに大満足です。

賢治さんが呼んだ「BUSH」とはサイダーとお蕎麦のセットメニューだと思っていましたが、やぶ屋さんそのもののことだったらしいです。女性の従業員の方に教えていただきました。

美味しさと接遇の良さに大満足のやぶ屋さんでした。

 

 

焼き鳥の店 とり一を訪ねる 安くていいお店です。

食事

2017年1月26日、本日は有志の新年会。

有志とは同僚2名+元同僚、私を入れて合計4名です。

Oさんの希望により、店は鍛治町のとり一となりました。

希望の理由は、以前から(おそらく40年ほど前でしょうか?)存在していて、それほど長くやっているのであれば、美味しい店なのではないか。一度入って見たかったということです。

前週に寄って予約。椅子席のみかと思っていたら、奥に座席があり、とってもらうことにしました。

ご主人と、奥様らしき方?(間違っていたらごめんなさい)が丁寧に応対してくれ、第一印象はいい感じです。

ちなみに30年以上前に一度だけ、来店した記憶があるのですが、詳細は覚えていません。

18時の予約でしたが、18時5分到着。既に2人が座っていました。

f:id:butakko1105:20170129193833j:plain

f:id:butakko1105:20170129194012j:plain

f:id:butakko1105:20170129194036j:plainレトロな雰囲気、嫌いではないというより、むしろ好きです。

飲み物は生ビールとコーラ、キリンレモン

焼き物を適当に頼んで、宴会開始です。

f:id:butakko1105:20170129194614j:plain

f:id:butakko1105:20170129194623j:plain

f:id:butakko1105:20170129194634j:plain

f:id:butakko1105:20170129194646j:plainしいたけ、つくね、トマト巻、えのき巻、しそ巻き、やきとり、なんこつ、レバーなどを2~3本、スタミナおにぎり(ニンニク入り)3個。そのうち、もう1人も合流し、皆でつっついていただきました。

f:id:butakko1105:20170129195109j:plain特に気に入ったのが、トマト巻き、えのき巻、しそ巻き(上記)。写真を撮り忘れたおにぎりも美味しかったです。米研ぎから始めて頂いたようでありがとうございました。

名物ホッピーもいただいて、ハッピーに。ウーロンハイもいただきました。

f:id:butakko1105:20170129195448j:plain食った食った、飲んだ飲んだで。20時に終了。

そして驚きが待っていました。

私「会計お願いします」

奥様らしき方「少々お待ち下さい」

私「う~ん、9千円くらいだべが?」

1分くらい経過

奥様らしき方「5千◯百◯十円です」←正確に数値を忘れました。

私「えっ?」

奥様らしき方「5千◯百◯十円です」

私「マジですか?」

安い!安過ぎぎます! ありがとうございますと挨拶をして、二次会のスイーツをいただきに「ココス」に向かったのであります。

いいお店でした。

岩手を代表する地ビールです。ベアレンベール。

食事(花巻以外)

私は基本的にビール党です。

ビールのメーカー、銘柄にはそれほどこだわりません。

地ビールも色々飲みました。

岩手でも各種ありますが、正直美味しい地ビールに出合ったことがありません。

f:id:butakko1105:20161230071647j:plain出合いました、美味しい地ビールに。

盛岡のベアレンビールです。

www.baerenbier.com

今までの経験から、私の地ビールのイメージは癖がある、口に合わない、高いなど。

最近は一般のビール(一番搾りなど)を好んで飲んでいました。

ベアレンビールのことは知っていましたが、飲む機会が無く、購入してまで飲む必要はないと思っていました。

先日、同僚から頂いたのがベアレンビール。

f:id:butakko1105:20161231072516j:plain定番のクラッシックと山田町ビールでしたが、どちらもスッキリそしてコクがあり、たいへん美味しいビールです。

地ビール独特の癖や匂いもなく、地ビールに対する概念が変わった瞬間です。

一番搾りスーパードライといった感じでしょうか。

おみやげや贈答品にはお菓子もいいですが、ベアレンベールもおすすめです。

水沢競馬場で有馬記念を買う

スポット(花巻以外)

岩手には地方競馬を代表するの岩手競馬があります。

今まで何度か廃止の危機がありましたが、関係者の努力、競馬ファンの支援により続いているのはうれしい限りです。

水沢競馬場盛岡競馬場があり、盛岡競馬場は通称オーロパークと呼ばれ、広い敷地と直線の長さに特長があり、G1レースも行われます。

しかしながらやっぱり水沢なのです(花巻から盛岡競馬場までおよそ1時間20分、水沢競馬場までは50分と比較的近いこともあります)。

f:id:butakko1105:20161227203145j:plain

f:id:butakko1105:20161227203154j:plain本日12月25日は年末恒例の有馬記念水沢競馬場でも馬券が購入できるのはうれしいです。インターネットで馬券購入できる時代ですが、できれば競馬場に足を運び、雰囲気を味わいたいですね。

というわけでやってきました水沢競馬場。いつもの駐車場に停め、200円払い、いつも通りサービスの飴ちゃんをいただきました(笑)

f:id:butakko1105:20161227203707j:plain

f:id:butakko1105:20161227203657j:plain

f:id:butakko1105:20161227204214j:plain

f:id:butakko1105:20161227204223j:plain敷地内に入ると胸が高まります。今日も来ました、水沢競馬場

f:id:butakko1105:20161227204254j:plain

f:id:butakko1105:20161227204305j:plainいつも画面右上の席に座ります。

f:id:butakko1105:20161227204314j:plain予想開始です。

2007年の有馬記念(勝ち馬マツリダゴッホ)で3連複5点ボックス、1,000円で73,320円をゲットしたのはうちの奥さんです。

f:id:butakko1105:20161227204453j:plain今回は本当にかたくかたく購入。2,100円と何とか100円のプラスとなりましたが、4番のヤマカツエースが3着までに入っていれば……(結果4着)。

まあ、多くの競馬ファンがプチ喜んだということで2016年の競馬も終了しました。キタサンブラック頑張りました。

岩手競馬は大晦日も開催、新年は1月2日から開催します。