読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花巻とその周辺を訪ねます

花巻とその周辺の美味しいもの、観光スポット、花巻温泉郷等の情報を発信します。

復活後のマルカン大食堂を初めて利用しました。

花巻のマルカン大食堂花巻市民・市民以外の方・関係者の努力により、2月に復活しました。再開当時2時間待ちも当たり前でしたが、今でも大繁盛していて、お昼12時前後は混み合っています。2時間まではいかないまでも、かなりの待ち時間があるようで、土日は更に行列ができています。

そんな訳で、少しだけ熱気がおさまった平日、しかも13時30頃が狙い目と思い、本日訪れました。

f:id:butakko1105:20170527063434j:plain

f:id:butakko1105:20170527063441j:plain駐車場は2階が空いており、出入り口のカーブに気をつけて停めました。空いているなら1階または周辺の駐車場に停めたほうがいいかもしれません。駐車券を持参すれば、1,000円以上の買い物で100円分の駐車券をいただけます(30分100円なので、50分いると現金で100円の支払いが必要です)。

f:id:butakko1105:20170527063730j:plain

f:id:butakko1105:20170527063738j:plain

f:id:butakko1105:20170527063746j:plain

f:id:butakko1105:20170527091515j:plain

まずは1階から。1階はご覧の通り、小物販売、お休み処などリラックスゾーンになっています。マルカンソフトのグッズもありますね。

その後、6階の食堂へエレベーターで向かいました。6階まで直行です。

f:id:butakko1105:20170527091609j:plain

f:id:butakko1105:20170527091617j:plain予想通り、平日の13時30分ともなると、空席もあり、3分程で食券を購入できました。

f:id:butakko1105:20170527091802j:plainなんと、大人気のナポリカツをゲット。再開当初はすぐ品切れになっていたので、ラッキー?です。かみさんはチーズハンバーグ半ライスを頼みました。f:id:butakko1105:20170527192951j:plain

f:id:butakko1105:20170527193006j:plain

は、はやい!5分ほどで、チーズハンバーグ半ライスが登場。私もいただきました。定番のホッとするハンバーグです。下に焦げ目のついたスパゲッティはあっさり味です。付け合せのいんげん、人参、ポテトは鉄板に押し付けるとジュージュー熱く、美味しそうに音を出しています。半ライスはやや固め。好みもありますが、私は好きです。

f:id:butakko1105:20170527193750j:plain

f:id:butakko1105:20170527193810j:plainチーズハンバーグの登場から遅れること、8分ほど。人気のナポリカツの登場です。たっぷりのレタス中心の野菜もですが、ナポリタンのボリュームがすごいです。

チーズハンバーグに付け合せのナポリタンと異なり、濃厚です。これぞマルカンのナポリタンです。豪快にトマトソース?、ハムと豚肉、玉ねぎとうれしい素材を使用。

カツは高齢者にもやさしく噛み切れるよう?肉の厚さはちょっと薄めです。

マルカンの大展望台で食べる環境の良さも伴い、あっという間に完食しました。

たいへん美味しくいただきました。ありがとうございました。

f:id:butakko1105:20170527194925j:plain名物のソフトクリームは、まさしく飛ぶように出ていました。

以前との比較(個人的な感想もあります)

1.駐車料金はお客さんにも半分ほど負担をお願いしています。以前は無料でしたが、お客さんは負担を苦にしていないようです。花巻市民皆で大食堂の継続を望んでいるからだと思います。

2.メニューを少ししぼった気がしました(ちょっと少なくなった?)。しかしながら、まだまだ豊富なメニューです。

3.客層が結構違ってきたような気がします。年齢層が下がり、若い人たちが多くなったこと。スーツ姿の営業マン(花巻に出張、噂のソフトを食べるために寄ってみた?)が多く、6名のスーツ姿の男性が全員、ソフトクリームを箸で食べながら談笑する姿は本当に素敵でした(笑)。

まだまだメニューは豊富。麺類、寿司、飲料。次回は何を食するか今から考え中です。

 

南三陸町と気仙沼を訪ねる

10年ほど前、会社の旅行で南三陸ホテル観洋に泊まりました。

その時に食したアワビ、海に面した露天風呂を再度味わいたく、訪ねました。

今回、写真撮影が少なくなってしまい、うまく実感していただくことが難しいかもしれないことをご容赦願います。

花巻から南三陸を目指す最短距離は、東北自動車道若柳金成IC~三陸自動車道経由ですが、今回は気仙沼を経由します。

気仙沼に行くには、いつもは釜石道~住田町~陸前高田市というコースをとるのですが、今回はナビを頼りに江刺~大東町というコースをとりました。

実は私、気仙沼中学校第27回生であり、同級生の店に寄るという目的も兼ねての旅となりました。

同級生の店

onotoku.com

小野徳さんでは、同級生の奥さんが「もしかして◯◯さん?」と分かってくれ、大変うれしく感じました。

小野徳の社長は、音信不通となっていた私をインターネット検索で探し、4年前の同級会(復興支援)に招いてくれた方です。

社長は不在でしたが、奥さんが連絡をとってくれ、すぐ駆けつけてくれました。

昔の話、修学旅行やクラブ(同じラグビー部所属)のこと、同級生の現状など楽しい話に盛り上がりました。

海苔やふりかけなど加工品を購入しましたが、それ以上にノリの佃煮などのお土産をいただき、誠にありがとうございました。

さて、以前お昼をいただいた屋台村で、今回も海鮮丼を食しようと思ったのですが、残念ながら屋台村は発展的解散となったため、小野徳さんが美味しいお寿司屋さんを紹介してくれました。

いつも回る寿司のみを利用している私たちにとっては、いわゆる普通の寿司屋さんは敷居が高く感じるのですが、紹介してくれた大政寿司さんはリーズナブルでコスパ最高でした。有名人の方々、森昌子さんや榊原郁恵さんが訪れた時の写真も飾られていました。

r.gnavi.co.jp

f:id:butakko1105:20170526200821j:plain

f:id:butakko1105:20170526200829j:plainこれで1人前、2,000円です。その他に「小野徳さんの紹介」ということでカツオ寿司もいただきました。普段カツオはあまり食べることは無いのですが、これはいい意味でカツオらしさをそれほど感じること無く、美味しくいただきました。大政さんはメディアでも取り上げられている有名店ですが、おごるところがないおすすめのお店です。

その後、今年大島にかかったブリッジを見ながら、一路南三陸へ。途中、大谷道の駅により休憩(昔は海水浴場がありました。今は?)。大谷道の駅を後にして、国道45号線を南下。今年4月23日オープンの三陸ハマーレ歌津商店街で散策休憩。

hamare-utatsu.com

f:id:butakko1105:20170526202802j:plain

f:id:butakko1105:20170526202813j:plain

f:id:butakko1105:20170526202821j:plain最も上の画像は、震災時、西表島までとどいた南三陸町もポストです。

そして、ホテル観洋を目指しましたが、途中「さんさん商店街」を見つけ、明日の買い物の下見?に寄らせていただきました。

f:id:butakko1105:20170526203236j:plain

f:id:butakko1105:20170526203246j:plain

f:id:butakko1105:20170526203313j:plain

f:id:butakko1105:20170526203340j:plain

f:id:butakko1105:20170526203322j:plain

f:id:butakko1105:20170526203331j:plain素晴らしい商店街ですね。新鮮な海鮮丼を提供するお店も多く、相乗効果をねらってのことでしょう。有名人も多く訪れていましtが、「ゆず」が来店したのにはビックリです。皆さん、嬉しかったでしょうね。

www.sansan-minamisanriku.com

10分ほどで、目的地南三陸ホテル観洋到着です。

f:id:butakko1105:20170526203822j:plain

f:id:butakko1105:20170526203833j:plain部屋からの眺めです。本当は露天風呂を撮りたかったのですが、撮影禁止ということで残念です。朝まで4回も温泉に入ったのは初めてでした。特に夜中の幻想的な景色は、一見の価値大ありです。

食事はお願いしていた、アワビとウニ丼に大満足、食べきれないほどのボリュームでした。

この日はかなり暑いのにも関わらず、エアコンが効かなかったのが唯一残念でした。

暑さで寝不足でしたが、朝食は多種多様のバイキングを楽しみ、売店でお土産も購入。

ホテル観洋を出発、さんさん商店街で、ジャムや海産物を購入。買い物はストレス発散になりますね。

一路気仙沼お魚市場を目指しました。気仙沼に来た時は、毎回寄らせていただき、生の魚や加工品を購入させていただきます。

購入後、陸前高田を目指し、北上。一本松を車窓から眺め、高田の市街地に入ろうとしましたが、ナビがちょっと古く、目的地を異なる道路を選択、復興した高田の商店街を見ることができなかったのは残念です。

今回もいい旅となりました。ナビに頼り過ぎず、道路情報を調べておけばというのが今回の反省です。ショートステイという介護保険サービスがあって、本当にありがたいです。

桜のぎんどろ公園周辺を訪ねる

宮沢賢治さんの生誕地として知られる花巻です。

賢治さんがかつて教鞭をとっていた花巻農業高校。

現在は花巻市葛地区に移転、「羅須地人協会」も同時に移転し、観光客に無料開放されています。

下記は羅須地人協会です。

f:id:butakko1105:20170430170613j:plain

f:id:butakko1105:20170430170621j:plain

かつて花巻農業高校があった場所は、現在「ぎんどろ公園」として、花巻市民の憩いの場となっています。

春は桜の絶景の場所となります。

f:id:butakko1105:20170430171552j:plain

それでは2017年4月6日の「ぎんどろ公園」と桜満開の4月22日の「ぎんどろ公園」を比べてみましょう

f:id:butakko1105:20170430171303j:plain

f:id:butakko1105:20170430171308j:plain

f:id:butakko1105:20170430171321j:plain

f:id:butakko1105:20170430171326j:plain以上4点の画像は4月6日のもので、4月になってもまだまだ寒く、外でおにぎりを食べるという気候にはほど遠い気温です。

以下の画像5店は4月22日、ほぼ満開の状態。風も穏やかで日中であれば、お弁当を広げて桜を満喫できます(夜は寒くて寒くて難しいです)。

f:id:butakko1105:20170430172008j:plain

f:id:butakko1105:20170430172013j:plain

f:id:butakko1105:20170430172018j:plain

f:id:butakko1105:20170430172022j:plain

f:id:butakko1105:20170430172027j:plain

そして「ぎんどろ公園」に近くにあるのが「身照寺」。

「身照寺」には宮沢賢治さんのお墓があります。

f:id:butakko1105:20170430172640j:plain

f:id:butakko1105:20170430172645j:plain

f:id:butakko1105:20170430172650j:plain

f:id:butakko1105:20170430172655j:plain身照寺さんの桜も見事です。

花巻は広大な土地なので、桜の咲き方に差があります。

花巻温泉地区は花巻市街地と較べて1周間ほど遅れて桜が咲きます。

花巻の隣の市、北上には東北3大桜の名所として知られる展勝地がありますが、地元のスーパーでお弁当とお団子を購入して、地元の桜を楽しむのが私の春の醍醐味です。

 

ピリッと美味しいわさび味噌のおにぎりです。

4月9日の購入の、わさび味噌。

f:id:butakko1105:20170416170234j:plain早速、おにぎりの具としていただきました。

天気もよく、花巻の新鮮な空気と食べるおにぎりは最高です。

具は多目で、ピリッとくる食感、鼻に抜ける何とも言えない気持ちの良さ。

最高ですね。

f:id:butakko1105:20170416172113j:plain

緑色の小さく切り刻んで入っているのがわさび。まわりは熟成のみそ。ちなみにケンミンSHOWでもやっていましたが、岩手は生みそのおにぎり文化が存在します。

f:id:butakko1105:20170416172054j:plain

f:id:butakko1105:20170416172105j:plain

 

遠野の道の駅を訪ねる

花巻から東へ40キロほどに、河童・民話・語り部・遠野物語などで知られる観光の街、遠野市があります。

10年ほど前までは高速道やバイパスもなく、花巻から遠野の市街地まで約1時間を要していました。

最近、花巻から遠野市まで高速道が開通。4月も中旬、気温も上昇、ドライブ日和であること、花巻東和ICから遠野ICまでは現在無料ということもあり、高速道を始めて利用して、道の駅遠野「風の丘」まででかけました。

我が家はほぼ花巻市の真ん中にありますが、高速を使用すると40分ほどで到着(10時発・10時40分頃着)。ゴールデンウィーク前ということでそれほど混んでなく、スムーズに駐車できました。

f:id:butakko1105:20170416164546j:plain目印の風車は風力発電の装置。遠野は風が強く、風力発電に向いている地域です。花巻より平均で2度位涼しいところです。

f:id:butakko1105:20170409195148j:plain

f:id:butakko1105:20170409195156j:plain

f:id:butakko1105:20170409195459j:plain

f:id:butakko1105:20170416163045j:plain混んでないと言ってもやっぱり混んでいます(笑)。河童に関する置物やお土産品が販売されています。我が家は野菜を中心に花、海産物などを購入しました。

f:id:butakko1105:20170409195642j:plain

f:id:butakko1105:20170409195650j:plain

f:id:butakko1105:20170409195700j:plainヨーグルトやプリン、チーズケーキなどの乳製品で有名な多田克彦さんのコーナーもあります。

f:id:butakko1105:20170409195742j:plain

f:id:butakko1105:20170409195751j:plainこちらは奥にある多田克彦さんのお店。特にソフトクリームの濃厚さに人気があります。

f:id:butakko1105:20170416163148j:plainそして、最後に海産物のお店に寄りました。沿岸に近いので新鮮な魚も揃っていましたが、加工品を購入(骨があるとグチグチと「骨があるから食べれない」という高齢者がいるので、生はなかなか購入できません)。

f:id:butakko1105:20170416163452j:plain

f:id:butakko1105:20170416163446j:plain

f:id:butakko1105:20170416163454j:plain風の丘を後にして、国道を花巻方面へ。遠野市宮守地区にも道の駅があります。

宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」で、有名なめがね橋がすぐ近くにあります。

f:id:butakko1105:20170416165012j:plain

f:id:butakko1105:20170416165023j:plain2017年も4月29日からSL銀河ドリーム号が花巻~遠野間を走ります。特にめがね橋を通過時は、撮影や手を振るためにたくさんの方が集まります。

f:id:butakko1105:20170416170243j:plain

f:id:butakko1105:20170416165551j:plain

f:id:butakko1105:20170416165559j:plain銀河鉄道の夜」、「SL銀河ドリーム号」、「めがね橋」を結びつけ、新しい道の駅、新しい宮守の名所に生まれ変わるため、現在道の駅構内は改装中です。

f:id:butakko1105:20170416170251j:plain

f:id:butakko1105:20170416170225j:plain

f:id:butakko1105:20170416170234j:plain宮守はわさびが有名。わさび味噌はおにぎりの具として、最高です。久々に購入、今週のお昼はわさび味噌おにぎりとなりそうです。