花巻とその周辺を訪ねます

花巻とその周辺の美味しいもの、観光スポット、花巻温泉郷等の情報を発信します。

賢治祭に行ってきました

9月21日は宮沢賢治さんの命日です。

毎年、命日に花巻市桜町の「雨ニモマケズ賢治詩碑」前で賢治祭が開催されます。

会社を17時に出て、徒歩で17時22分頃到着。

賢治詩碑手前の駐車場には、県外ナンバーの車両も停まっていて、全国の賢治さんを愛する人達が集まってきたことを感じます。

f:id:butakko1105:20170922063429j:plain

f:id:butakko1105:20170922063448j:plain

f:id:butakko1105:20170922063441j:plain賢治祭は16時から開始。私が詩碑前到着時には「朗読と合唱」が始まるところでした。

パンフレットをいただき、本日のプログラムを確認。

詩碑前に特設会場が設置され、皆さん微笑みながら、まっすぐな目で、朗読や合唱を楽しんでいます。

f:id:butakko1105:20170922064441j:plain

f:id:butakko1105:20170922064433j:plain

まずは詩碑の近くにある南城中学校生徒たちによる、朗読「母に云う」の朗読から。

f:id:butakko1105:20170922064136j:plain

f:id:butakko1105:20170922064145j:plain男女生徒の息の合った、母を思う朗読に皆拍手です。「母の作った味噌おにぎりが食べたい」という文章が出てきました。以前「秘密のケンミンショー」で取り上げられましが、東北地方全般、花巻では普通に食事として、おやつ代わりとして出されます。西日本の方は違和感をかなり持ったようですが、花巻では本当に一般的なので、逆に他の地区で食べられていないことにびっくりしました。

f:id:butakko1105:20170922084908j:plain次の朗読は、花巻農業高校3年のSくんの「あすこの田はねえ」。強弱のつけ方、間のとり方、ソフトな声の質、どれをとっても高校生のレベルをはるかに超えた見事な朗読でした。

特に「切ってね」、垂れ葉をねえ」、「延びたらねえ」、「勉強はねえ」など「◯◯ねえ」という締めの言葉が心に残りました。

f:id:butakko1105:20170922085724j:plain次の朗読は「山の晨明に関する童話風の構想」。ざしきぼっこの会の方の朗読です。「ざしきぼっこ」とは、例えば宿泊時、宿帳に記入したい宿泊人数と実際数えた人数が一人違っている、それが「ざしきぼっこ」のイメージです。

f:id:butakko1105:20170922090645j:plain

f:id:butakko1105:20170922090543j:plain

f:id:butakko1105:20170922090555j:plain

地区大会で金賞受賞、全国大会出場が決まった花巻北高校合唱部による「耕母黄昏」他の合唱です。花巻市内で時報で流れる「星めぐりの歌」。「あかいめだまのさそり」という歌詞から始まっていたのですね。初めて知った花巻市民の私は勉強不足でした。

花巻北高校の皆さん、身振り手振りでユニークさ演出。楽しさいっぱいの合唱でした。

f:id:butakko1105:20170922091450j:plain

f:id:butakko1105:20170922091500j:plain朗読の最後は「和風は河谷いっぱいに咲く」を花巻中学校3年のHさん。天性の美しい声と練習の成果が感じさせる朗読に拍手拍手でした。

これ以降も、合唱、演劇、鹿踊り、座談会と続きますが、残念ながら、介護に従事する私はこの時刻(17:55)で帰宅です。特に演劇「どんぐりと山猫」は見たかったので、後ろ髪惹かれる思いでした。

初めて訪れた「賢治祭」で、体験した朗読、合唱に感動、感謝申し上げます。

来年の賢治祭も天候に恵まれ、賢治詩碑前で行われることを願っています。

 

 

 

 

 

花巻まつり最終日 露店・屋台村・お化け屋敷

早いもので花巻まつりも三日目、最終日です。

年齢を重ねると、時の過ぎるのが早く感じ、すぐ来年2018年の花巻まつりもやってくるのでしょうね。

 

f:id:butakko1105:20170910061827j:plain

 

f:id:butakko1105:20170910062029j:plain

昨年からメイン開場近くに登場した、屋台村。人気の東和町のたこ焼き屋さんには大行列ができていました。

f:id:butakko1105:20170910062445j:plain

f:id:butakko1105:20170910062457j:plain

f:id:butakko1105:20170910062523j:plain祭りの楽しみにひとつ、露店は心が踊ります。

目でも楽しませてくれますね。ついつい財布の紐もゆるみます。

わたあめも昔は50円だったのにね。

f:id:butakko1105:20170910062504j:plain昨年のマルカン前は、マルカン大食堂の終焉後で、シャッターが締まった寂しい空間でしたが、今年はにぎやか、メディアもけっこう訪れています。

f:id:butakko1105:20170910063450j:plain

f:id:butakko1105:20170910063458j:plain

f:id:butakko1105:20170910063443j:plain懐かしの射的をはじめ、景品獲得のゲームは心が踊ります。お化け屋敷は花巻まつり恒例の行事、数十年続いています(中断もあったかなあ?)

大人500円は比較的リーズナブルかも。1,000円ではちょっと躊躇する金額ですが、500円ならという設定金額でしょうか。

花巻まつりは、両親が花巻出身なので、私も小さい頃から見ています(学校は小・中・高とも花巻ではありません)。

花巻出身のアナウンサー、高橋圭三さんが風流山車の先頭でまつりの提灯を振りながら歩いていたのが、ついこの間のことのようです。

風流山車の数はピーク時よりだいぶ少なくなりましたが、まつり期間中、花巻市内に穏やかに、優雅に流れる、花巻囃子は昔から変わっていません。

今年は天候に恵まれ、人出も多いように感じました。

来年も花巻市民の活気あふれる祭りが開催されることを祈念いたします。

花巻まつり 風流山車・樽神輿・鹿踊り

平成29年の花巻まつり二日目です。

花巻まつりの代表的行事が、風流山車

15時頃からの連合パレード前に、市内を練り歩いてくれるので、日中から楽しむことができます。

下記画像は、マルカン大食堂をバックに上町の風流山車ですね。

f:id:butakko1105:20170910055116j:plain

f:id:butakko1105:20170910055606j:plain

f:id:butakko1105:20170910055558j:plain花巻は城下町。坂が多いので移動もなかなか大変です。花城(かじょう)町を城内(じょうない)に向かっての移動です。

f:id:butakko1105:20170910055859j:plain

f:id:butakko1105:20170910055907j:plain

f:id:butakko1105:20170910055914j:plainこちらは豊沢町の風流山車。山車に出る皆さんも連合パレードを前に、宮沢賢治さんの生家前で休憩をとっています。

風流山車をともに、メインの行事なのが、樽神輿。小学生~中学生~一般~企業と続いていきます。

f:id:butakko1105:20170910060517j:plain

f:id:butakko1105:20170910060510j:plain

f:id:butakko1105:20170910061203j:plain

f:id:butakko1105:20170910061213j:plain花巻まつりは、お祭り大好きの花巻市民参加型行事です。花巻の小中学校を卒業した若者は祭り参加のために帰省します。

f:id:butakko1105:20170910061518j:plain

f:id:butakko1105:20170910061526j:plain本日二日目は鹿踊り(ししおどり)パレードの日。パレードの前に市内を練り歩く、鳥谷崎神社御神輿渡御の鹿踊りの皆様です。

f:id:butakko1105:20170910093004j:plain

f:id:butakko1105:20170910093013j:plain

f:id:butakko1105:20170910093020j:plain

f:id:butakko1105:20170910093028j:plain二日目も行ってしまいました、特産品フェア。初日より賑わっていますね。短角牛のでかいメンチカツは食べ応えあり。

祭りなので、それほど入っていなし、財布の紐もついついゆるみますね。

コンビニのサンドイッチやおにぎり、コロッケのほうが安くて、美味しいのにね(笑い)

 

 

 

平成29年花巻まつり始まる 特産品フェア特集

平成29年も始まりました、花巻まつり。サービス業の私は、まつり初日、休みをとり、お昼頃併催行事の特産品フェアに出掛けました。

開催場所の花巻市民体育館の駐車場には限りがあるため、自宅から2km弱を歩きました。

f:id:butakko1105:20170908130218j:plain予想通り、駐車場は満車状態。歩いて正解かと思いましたが、9月にしては暑い!28℃くらいでしょうか。

f:id:butakko1105:20170908130425j:plainお昼時ということで、皆さん、花巻名産の白金豚やホロホロ鳥、岩手名産の短角牛やホタテ焼きを嬉しそうに食しています。

f:id:butakko1105:20170908130717j:plain

f:id:butakko1105:20170908130606j:plain

f:id:butakko1105:20170908130617j:plain

f:id:butakko1105:20170908130628j:plain毎年のことながら、体育館内もたいへんな賑わいです。

花巻まつりは、山車や神輿がメインですが、物産品フェアを楽しみにいらっしゃる地元の方、地元周辺の方、遠方の方がいらっしゃいます。マルカン大食堂で食事をとり、物産品フェアで買い物をして、夜に風流山車を見物するのが、ひとつのパターンですね。

f:id:butakko1105:20170908131030j:plain

f:id:butakko1105:20170908131103j:plain

f:id:butakko1105:20170908132104j:plain我が家では、ハコショウ(花巻の漬物会社)の味噌漬け、オリオンベーカリーの超お買い得パン、久慈沢菊のぶすのこぶ(良質のあんこを焼き上げ、薄皮で包み、バターも加えた美味しいまんじゅう)、短角牛コロッケ(夜のおかず用)を購入しました。

f:id:butakko1105:20170908131351j:plain

f:id:butakko1105:20170908131359j:plain民芸品、工芸品も一同に揃っているので、比較して選択購入できますね。

f:id:butakko1105:20170908132026j:plain

f:id:butakko1105:20170908132035j:plain来年もまたよろしくお願いします……いやいや明日もまた来るかもしれません。会社から歩いて数分なので。

とにかく見ているだけで楽しくなってくる花巻まつり特産品フェアです。

 

渡り温泉別邸楓で深緑の景色を楽しむ

私はベイスターズのファンではありますが、読売新聞を愛読しております。それほど巨人に関する記事が多くなく、スポーツ面の充実を感じています。他の新聞よりも構成がいいし、読みやすい文字の大きさと書体であるとも感じています。

さて、年に1回の定期購読契約更新時、タオルなどのいわゆる謝礼的な品物が付きます。

今回は以前も利用させていただいた、渡り温泉さつきの食事付き日帰り入浴券を選択しました。600円の入浴料と600円ほどのラーメンのセットが2名分でおそらく2,400円相当ではないでしょうか。

f:id:butakko1105:20170901210802j:plain

渡り温泉は「ホテルさつき」「別邸楓」という2つの施設があり、日帰り入浴ができるのは、ホテルさつきのみです。

f:id:butakko1105:20170903055527j:plain

f:id:butakko1105:20170903055518j:plainホテルさつきの正面に、「本日点検のため日帰り入浴は別邸楓にて承ります」の掲示が。

ホテルさつきの駐車場に車を停めたまま、150mほど歩いて楓に到着。

f:id:butakko1105:20170903060217j:plain

f:id:butakko1105:20170903060227j:plain別邸楓は以前、会社の忘年会で利用させていただいたことがありますが、20年前のことなので、今回の利用は新鮮感があります。

f:id:butakko1105:20170903060906j:plain

f:id:butakko1105:20170903060914j:plain外観よりもラウンジや通路、お土産品など施設内が充実している印象です。

f:id:butakko1105:20170903061200j:plain

f:id:butakko1105:20170903061209j:plain

f:id:butakko1105:20170903061217j:plain

f:id:butakko1105:20170903061148j:plain脱衣所、洗面所は狭くもなく、大浴場的な大きさでもなく、ちょうど良い少数精鋭的な大きさと質感です。

f:id:butakko1105:20170903061729j:plain

f:id:butakko1105:20170903061737j:plain

f:id:butakko1105:20170903061823j:plain露天風呂からの穏やかな緑の景色、癒やされます。木の葉と木で作られた屋根が程よい木漏れ日を感じさせてくれます。

f:id:butakko1105:20170903062627j:plain

f:id:butakko1105:20170903062619j:plain露天風呂の中に、更に青森ヒバで作られた露天風呂が。入った瞬間、お湯が外の湯船に気持ちよくあふれます。いつまでも入っていたいお風呂です。

f:id:butakko1105:20170903063055j:plain

f:id:butakko1105:20170903063102j:plain内風呂も清潔感とあふれるお湯で満足感が高いです。最も熱いのが内風呂、次が露天風呂、最もぬるめが青森ヒバ風呂で、ぬるいお湯が好きな私は青森ヒバ風呂に長くつかってしまいました。

f:id:butakko1105:20170903063750j:plain

f:id:butakko1105:20170903063758j:plain

f:id:butakko1105:20170903063734j:plain

f:id:butakko1105:20170903063742j:plain入浴後の食事は、麺でございます。本日の最高気温は24℃ほど。迷いましたが、(熱い)味噌ラーメンと(冷たい)中華ざるをお願いしました。味噌ラーメンの器、いいですね。美味しいラーメンを更に美味しくしてくれています。

f:id:butakko1105:20170903064822j:plainホテルさつきと別邸楓は連絡通路があり、宿泊客はどちらのお風呂も楽しめます。

通常日帰り入浴を行っていない別邸楓で、お風呂を楽しめたのは、ラッキーでした。

景色の良い、癒やしのお風呂は満足感が高いです。

花巻南温泉峡の露天風呂は、愛隣館や大沢温泉、優香苑、風の季、志戸平など選択肢が豊富。日帰り入浴可能な温泉がほとんどなので、楽しみも増します。